Messengerのためのビルド

Messenger for Business

スレッドを通じてお客様と長続きする関係を築きます。Messenger from Facebookを使用すると、好みのチャネルで13億を超える人々とつながることができ[1]、ビジネスが親しみやすく便利な存在になります。

Messengerのソリューションと機能をチェックする
Messengerがどのようにビジネスに役立つか学ぶ

Messenger APIは、Instagramでのメッセージングをサポートするようになりました。詳しくはこちら

リード獲得

ビジネスでは、自動化されたまたはライブのチャットエクスペリエンスにより、大規模にリード獲得、リード選定、リードのフォローアップを行えます。

コマース

Messengerは、小売り、eコマース、電話ショッピングなどで、購入までのストレスをなくし、購入の検討から実際の購入に自信をもって進めるようにします。

カスタマーサービス

Messengerにより、カスタマーは長時間待たされたり、複数のエージェントにサポートの問題について同じ説明を繰り返したりすることなく、ビジネスと連絡を取れます。会話はMessenger内でのみ行うことができます。Messengerは、簡単にアクセスして質問や再エンゲージメントを行うことができるチャネルです。

1.出典:Nielsenの「Facebook Messaging Survey」(Facebookが委託した調査、過去30日間にAE、AU、BR、FR、ID、IN、JP、KR、MX、TH、TW、UK、US、VNでモバイルメッセージアプリを使用した18歳以上の12,500人が対象)、2016年3月。

Messengerソリューション

これらがMessengerエクスペリエンスの構成要素です。リード獲得、販売促進、カスタマーサービスの提供のいずれにも対応できるソリューションがあります。

開発者パートナーを見つける

パートナーディレクトリで、Messengerソリューションの構築経験のある 開発者パートナーを見つけることができます。

パートナーディレクトリ

構築を開始する

開発者ドキュメントには、Messengerの利用を開始するために必要な情報が記載されています。

開発者ドキュメント