Facebookプラットフォームポリシー

他の言語

1. 品質の高い製品を開発する

  1. 安定しており、簡単に操作できるアプリを開発してください。

  2. 提供するアプリのコンテンツ(広告、利用者が作成するコンテンツなど)がFacebookのコミュニティ規定に従っていることを確認してください。

  3. Facebookの広告ポリシーに従って、アプリ名、アイコン、説明を設定してください。

  4. アプリの説明とカテゴリは常に最新の状態にしてください。

  5. 利用者や他の人を混乱させたり、欺いたり、だましたり、誤解させたり、迷惑をかけたり、驚かせたりしないようにしてください。

  6. アプリに対する否定的なフィードバックがFacebookのしきい値に達しないようにしてください。

  7. Facebookの技術文書に記載されたすべての指示に従ってください。

2. 利用者の自主性を尊重する

  1. 利用者に代わってコンテンツを公開する場合は、利用者から事前に同意を得てください。

  2. アプリから利用者にメッセージを送りつけることはせず、公開許可を使用してFacebook上での共有を促してください。

  3. キャプション、コメント、メッセージ、投稿の利用者メッセージパラメータには、利用者や企業によって作成されていないコンテンツを事前に設定しないでください。これは、利用者がシェアする前にコンテンツを編集または削除できる場合であっても同様です。Facebookのシェアダイアログを利用して、投稿のハッシュタグを事前に1つ設定することは可能です。ただし、利用者や企業がAPI経由で作成したのではないコンテンツは、事前に設定しないでください。

  4. 誰でも簡単に閲覧できる公開されたプライバシーポリシーを用意し、収集するデータの内容と使用方法を明示してください。

  5. アカウント情報は、開発者のプライバシーポリシーとFacebookの各種ポリシーに従って使用できます。その他すべてのデータは、利用者の明確な同意を得た場合に限り、アプリ以外の場所で使用できます。

  6. アプリダッシュボード内に、開発者のプライバシーポリシーのURLを明示してください。

  7. アプリのマーケットプレイスで開発者のプライバシーポリシーへのリンクを示すことが認められている場合は、必ず示すようにしてください。

  8. 開発者自身のプライバシーポリシーを遵守してください。

  9. 法律や規制によって、または別途Facebookと交わした合意によって保持が義務付けられている場合を除き、ある人に関してFacebookから受け取ったすべてのデータ(友達のデータを含む)の削除をその人から求められた場合は、それらを削除してください。集計データを保持することは、そのデータから個人を特定する情報を推測または作成することが不可能である場合に限り認められます。

  10. 利用者のデータを広告に使用する場合は、その利用者から事前に同意を得てください。

  11. SDKやブラウザピクセルなど、利用者に関するデータを収集し処理できるFacebook技術を使う場合は、その前に利用者から適切な同意を得てください。また、こうした技術を使うときは、次の点について適切な開示を行います。

    a. Facebookをはじめとする第三者が、Cookie、ウェブビーコン、およびその他のストレージ技術を使用して開発者のウェブサイトやアプリ、およびインターネット上の他の場所から情報を収集または受信し、その情報をFacebookのデータポリシーに記載されている方法で測定サービスの提供や広告のターゲット設定に使用する可能性があること

    b. 利用者が、広告のターゲット設定に使われる情報の収集や使用を拒否(オプトアウト)する方法、および利用者がそのような選択を行うための手段にアクセスできる場所

  12. エンドユーザーの機器にCookieやその他の情報を保存してアクセスする際にインフォームドコンセントを必要とする法域(欧州連合など)では、Facebook技術を使って、それらの情報を保存しアクセスする前に、検証可能な方法でエンドユーザーから必要な同意を得るようにしてください。同意手段の実装に関する推奨事項は、サイトおよびアプリのCookieの同意に関するガイドをご覧ください。

  13. 利用者から独自に収集した情報をFacebookに提供する場合は、その利用者から事前に同意を得てください。

  14. 利用者のアクティビティを追跡する場合は、その追跡を停止する手段を対象者に提供してください。

  15. アプリに関する有意義なカスタマーサポートを提供し、利用者が簡単に問い合わせできるようにしてください。

  16. iOS用Facebookアプリ経由でアプリにアクセスする利用者には、Facebook SDKに含まれている[Facebookサイトへ戻る]バナーを使って、Facebookアプリに戻る手段を提供してください。

  17. Android用Facebookアプリ経由でアプリにアクセスする利用者に対しては、システムの「戻る」ボタンを押す操作によってFacebookに戻ることを防止してはなりません。

3. データを保護する

  1. Facebookから受け取った情報は、無断アクセス、無断使用、無断公開に遭わないよう保護してください。

  2. 利用者のアクセストークンから得たデータは、そのトークンに関連付けられている機器以外には表示しないでください。

  3. 友達のデータ(友達のリストを含む)は、アプリ上でその利用者が利用するサービス以外では使用しないでください。

  4. Facebookから受け取ったデータをキャッシュする場合は、アプリの使用感を向上させるために使用してください。また、キャッシュの内容は最新の状態に保ってください。

  5. Facebookのユーザーネームやパスワードを代理使用、請求、または収集してはなりません。

  6. シークレットキーとアクセストークンは決して公開しないでください。ただし、アプリの運用活動に携わる代理人に対しては、機密保持契約を交わしていれば開示することができます。

  7. 何らかのパートナーサービスを使用する場合は、Facebookから取得した情報の保護と、それらの情報に関する利用制限および機密保持を確約する内容を含め、署名入りの契約書を交わしてください。

  8. Facebook利用者のIDは、アプリの開発者が責任をもって管理してください。アプリの開発または運用をサポートするプロバイダがある場合は、そのプロバイダと契約を交わすことにより、利用者のIDを機密情報として安全に管理すること、Facebookのポリシーを遵守することを確約させてください。匿名の固有なIDを第三者と共有する必要がある場合は、Facebookのメカニズムを使用してください。

  9. FacebookまたはFacebookのサービスから取得したいかなるデータも、販売、ライセンス供与、または購入してはなりません。

  10. Facebookから受け取ったいかなるデータ(匿名、総計、派生データを含む)も、広告ネットワーク、データブローカー、その他広告また収益化に関連したサービスに譲渡してはなりません。

  11. Facebookのデータを検索エンジンやディレクトリに入力してはなりません。また、Facebook上にウェブ検索機能を組み込んではなりません。

  12. アプリ開発者が第三者に買収される場合や第三者と合併する場合は、元の提供アプリ内に限り、Facebookのデータを引き続き使用できます。

  13. プラットフォームの使用を停止するときは、Facebookから受け取ったすべてのユーザーデータを直ちに削除してください(利用者からの明確な同意がある場合を除く)。それまでアプリ内にプライバシーポリシーを掲載していた場合は、アカウント情報を保持することができます。

  14. Facebookから取得した友達のデータを使用して提供アプリ内でソーシャルなつながりを確立することは、アプリ開発者がその情報にアクセスすることを当該のつながりに関与する個々の人が許可した場合に限り認められます。

  15. 申し込みに対する承認や拒否、貸付金に課す利率などの適格性を判断するうえで、Facebookから得たデータを使用しないでください。

4. 適切な使用を促す

  1. コミュニティには独自性を追加してください。すでにFacebookによって提供されている中核的な機能と同様の機能を提供しないでください。

  2. Facebookのデザインや機能を尊重してください。Facebookのデザインや使用感を変えるようなサービスを提供しないでください。

  3. パーソナライズされたサービスやソーシャル機能を含んだアプリを開発する場合は、利用者が作成したコンテンツを簡単にFacebook上で共有できるようにしてください。

  4. Facebookが設定しているFacebook機能の制限事項を尊重してください。

  5. 利用者にインセンティブを提供してよい行動は、アプリへのログイン、アプリのFacebookページにおけるプロモーションへの参加、スポットへのチェックイン操作のみです。その他のアクションに対してインセンティブを提供してはなりません

  6. コンテンツのタグ付けや共有は正確に行うよう利用者に働きかけてください。

  7. 個人情報を物理的な製品に組み込むサービスを提供する場合は、個人的かつ非営利な使用のみを目的として物理的な製品を作成してください。

  8. 利用者をFacebookから別のページに誘導することを主目的とするアプリを開発してはなりません。

  9. Facebookのロゴやブランドを使用する場合は、Facebookブランドリソースおよび許可センターに規定されているガイドラインに従ってください。広告ネットワークやデータブローカーがFacebookのプラットフォーム、ロゴ、商標を使用する場合は、事前に書面による許可を得る必要があります。

  10. Facebookのコード、API、ツールを、いかなる他者にも販売、譲渡、またはサブライセンスしてはなりません。

  11. FacebookのSDKは、Facebookのプラットフォームと組み合わせて使用するアプリを開発および配布する目的のみに使用してください。SDKに含まれるコードライブラリやサンプルソースコードは、そのようなアプリに組み込む形で配布できます。

  12. いかなるSDKまたはそのコンポーネントについても、改変、変換、派生物の作成、リバースエンジニアリングを行ってはなりません。

  13. アプリ開発者がFacebookとの関係を報道機関や利用者に伝えるときは、関係を正直に説明してください。Facebookの開発者PRガイドラインを遵守してください。公式プレスリリースやFacebookに言及するブログ投稿を公開する前には、Facebookから承認を得てください。

  14. iOS上またはAndroid上でいいね!ボタンを使用する場合、このボタンからいかなる情報も収集してはなりません。

5. 法を遵守する

  1. アプリ開発者には、地理フィルタリングや年齢制限を含むすべての適用可能な法および規制に従い、必要に応じてコンテンツへのアクセスを制限する責任があります。

  2. 第三者の権利を侵害するコンテンツを提供したり宣伝したりしないでください。

  3. アプリ内のすべてのコンテンツについて、表示、配布、配信に必要なすべての権利を保有または確保していることを確認してください。

  4. アプリ開発者が第三者に対し、そのアプリに関連してライセンスの取得、報告、支払いなどを行う必要がある場合は、それらをすべて履行してください。

  5. 第三者から提示または提供されるコンテンツがアプリに含まれる場合、開発者は以下の規定に従ってください。

    a. 米国では、デジタルミレニアム著作権法のセーフハーバーにより求められるすべての措置を講じる必要があります。これには、侵害申し立て通知を受領する代理人の指名、度重なる違反者の解除ポリシーの制定、通知および削除プロセスの導入などが含まれます。

    b. その他の国では、現地の著作権法に従い、侵害の通知を受領した時点で通知して削除する適切なプロセスを導入する必要があります。

  6. 13歳未満の子供から収集した情報を、それと知りながらFacebookに開示しないでください。

  7. 13歳未満の子供を対象としたウェブサイトまたはサービス: 13歳未満の子供を対象とするサイトやサービスでソーシャルプラグインやJavaScript用Facebook SDKを使用する場合、アプリ開発者にはすべての適用法を遵守する責任があります。たとえば、アプリ開発者のウェブサイトやサービスが米国の子供を対象としている場合や、それと知りつつ米国の子供から個人情報を収集する場合は、Childrens' Online Privacy Protection Act (児童オンラインプライバシー保護法)を遵守する必要があります。また、Facebook利用時の注意事項にも従う必要があります。

  8. 提供アプリの利用が可能な法的区域に適用されるすべての法律および規制を遵守してください。FacebookまたはFacebook利用者に危害や法的責任を追わせるものと見なされる行為をしてはなりません。これに該当する行為はFacebookが独自の裁量において決定するものとします。

  9. 該当する場合は、動画プライバシー保護法(VPPA)を遵守してください。また、Facebookでのデータ共有に関して明確な同意を得る必要がある場合は、それらの同意を取得してください。

  10. アプリ開発者のサービス、行為、コンテンツまたは情報に関してFacebookに何らかの申し立てがあった場合、アプリ開発者は、かかる申し立てに関して、Facebookをあらゆる被害、損失、および費用(妥当な弁護士費用を含む)から免責するものとします。

6. 重要な情報

  1. Facebookは商用を含むあらゆる目的でアプリ、ウェブサイト、コンテンツ、データの解析を行うことができます。

  2. Facebookは、SDKの利用に関するデータを監視または収集できます。

  3. Facebookは、アプリ開発者から受け取った情報、またはアプリ開発者のプラットフォーム統合に関連して取得した情報を、Facebookのデータポリシーに従って使用します。

  4. アプリ開発者は、Facebookに対し、アプリ開発者からFacebookに提供された情報をFacebookの他のサービスに組み込む権利、アプリ開発者の名前またはロゴを使用して情報源を確認する権利など、そのアプリをFacebookで機能させるために必要なすべての権利を認めるものとします。

  5. Facebookは、アプリ開発者への連絡を希望する他者に対し、そのアプリ開発者の連絡先情報を開示する場合があります。

  6. Facebookはアプリ開発者の名前、ロゴ、コンテンツ、アプリのスクリーンショットや動画のキャプチャなどの情報を使用し、Facebookの利用例として紹介または特集する場合があります。

  7. アプリ開発者は、アプリへのリンク、アプリのフレーム設定、およびアプリに関連したコンテンツ(広告を含む)の配置を行う権利をFacebookに付与するものとします。ソーシャルプラグイン、フィードダイアログ、[シェア]ボタンを使用する場合は、Facebookがそのリンクやコンテンツを使用する権利を自ら行使したり、他者に付与したりすることができるものとします。

  8. Facebookは、提供されたアプリが安全であること、利用規約に違反していないことを確認するために、アプリを監査できるものとします。請求を受けた場合、アプリ開発者は、アプリがFacebookの利用規約に準拠していることをFacebookに対して証明する必要があります。

  9. Facebookは、提供されたアプリと似た機能およびサービスを提供するアプリまたは製品を作成できるものとします。

  10. Facebookは、プラットフォームが常に無料であることを保証しません。

  11. MAUが500万を超える場合、1日あたりのAPI呼び出しが1億回を超える場合、または1日あたりのインプレッションが5,000万を超える場合、追加の規定が適用される可能性があります。

  12. Facebookとそのライセンス許諾者は、すべてのSDKに関して、知的財産権やその他の所有権を含むすべての権利、所有権および利害を有します。

  13. アプリ開発者がFacebookから受け取るあらゆるSDKは、「現状のまま」いかなる保証もなく提供されるものです。

  14. Facebookは、開発者との関係を説明するプレスリリースを発表できるものとします。

  15. アプリがFacebookの利用規約に違反している、またはプラットフォームに否定的な影響を及ぼしているとFacebookが判断した場合は、アプリまたはウェブサイトに対して措置を講じることがあります。事前に通知する場合と、しない場合があります。

  16. 措置には、自動と手動の両方があり、アプリの停止処分、アプリ開発者および提供アプリに対するプラットフォーム機能の利用制限、データ削除の依頼、契約の終了など、Facebookが適切と考えた措置が含まれます。

  17. Facebookは、開発者通知、およびfb.comドメインまたはfacebookmail.comドメインのメールを使用して、開発者と連絡を交わします。お使いのFacebookアカウントに関連付けられているメールアドレスと提供アプリに登録されているメールアドレスが最新のものであり、Facebookからのメッセージがフィルタリングされないことを確認してください。

  18. Facebookは本規約を予告なく変更することがあります。ポリシーは定期的にご確認ください。開発者は、プラットフォームを継続して使用することにより、その変更内容に同意したことになります。

  19. Facebook技術の使用は本プラットフォームポリシー、Facebook利用規約、および該当する技術に適用されるその他の規約の対象になります。

7. ログイン

  1. ログインが適切に統合されていることを確認してください。テスト作業中にアプリのクラッシュやハングが発生しないことを確認してください。

  2. Facebookログインを実装するネイティブiOSアプリおよびAndroidアプリは、公式のログイン用SDKを使用する必要があります。

  3. ブランドを明確に示した[Facebookでログイン]ボタンを使用し、Facebookブランドガイドラインに従ってください。

  4. 請求するデータおよび公開許可は、提供するアプリにとって必要なものだけに限定してください。

  5. 許可を認めなかった利用者から、許可する意思が後になって表明された場合、改めて許可を求めるプロンプトを表示することをお勧めします。

  6. 正しく機能する[ログアウト]オプションを、見つけやすい形で提供してください。

8. 広告

  1. Facebook上の提供アプリに広告を表示する場合は、Facebookの広告ポリシーに従ってください。

  2. 広告を多用しすぎないようにしてください。広告が目立ちすぎてアプリの機能がわかりにくくなることは避けてください。

  3. [ページ]タブのアプリには広告を表示しないでください。

  4. 外部の広告プロバイダを使用してFacebookのアプリに広告を表示する場合は、こちらのリストにあるプロバイダのみを使用してください。

  5. 投稿、通知、リクエスト、招待、メッセージの中に第三者の広告(他のアプリの広告を含む)を表示しないでください。

  6. プラットフォーム統合をFacebook以外の広告に含めたり、組み合わせたりしないでください。

  7. Facebook上でプロモーション、コンテスト、競争、または懸賞を実施する場合は、Facebookのポリシーを遵守してください。

9. ゲーム

  1. Facebook.com上のゲーム:

    a. Facebook.com以外のデスクトップウェブゲームと同じアプリIDを共用しないでください。

    b. Facebook.comゲームやFacebookから取得したメールアドレスを、Facebook以外のデスクトップウェブゲームを利用させる宣伝や誘導のために使用しないでください。

    c. ゲーム内購入の支払い方法には、常にFacebook決済だけを使用してください。

    d. 第三者が関わるアクションに対して利用者に特典を提供する場合は、Facebook決済クーポンを使用してください。

  2. Facebook.com外部のデスクトップウェブゲーム:

    a. Facebookのログイン、ソーシャルプラグイン、公開チャンネルのみ使用してください。友達リストなどのつながりを使用してはなりません。

    b. 認証時には、年齢、メール、公開許可以外の情報を要求しないでください。

  3. モバイルでのゲーム:

    a. Facebook.com以外のデスクトップウェブゲームと同じアプリIDを共用しないでください。

    b. Facebookで提供するモバイルゲームやFacebookから取得したメールアドレスを、Facebook以外のデスクトップウェブゲームを利用させる宣伝や誘導のために使用しないでください。

  4. オンライン賭博、スキルを要するオンラインリアルマネーゲーム、あるいはオンライン宝くじを促進または宣伝する場合は、Facebookの製品を使用する前に、Facebookからの書面による許可を得てください。

  5. ゲームに必須またはオプションのアプリ内課金がある場合は、アプリの説明文中で課金について説明してください。

10. 支払い

  1. Facebook支払いサービスを使用する場合は、開発者向けFacebook支払い規約に準拠する必要があります。

  2. Facebookから事前の許可を得ずに、Facebook決済サービスを使って慈善活動の資金を募集したり、収集したり、送信したりすることはできません。

  3. iOSを使用してアプリを実行する場合は、iOSにおいて認められる支払い方法を使用してください。

  4. Facebookの支払いは、必ずアプリ内で受領してください。

11. アプリセンター

  1. アプリがFacebookアプリセンターの掲載条件を満たすためには、Facebookログインを使用するか、Facebookキャンバスページまたは[ページ]タブのアプリである必要があります。

  2. アプリの詳細と説明:

    a. アプリの名前や情報には文法の誤りがないことを確認してください。

    b. アプリの言語は、必ずアプリセンターの地理情報に合わせてください。

    c. URLを入れたり、Facebookのブランドを使用したりしないでください。

    d. キーワードのリスト、不要な句読点、標準的でない記号を使用しないでください。

  3. すべての画像:

    a. 高品質で、アプリの内容を反映した関連性のある画像を使用してください。

    b. 画像テキストを使用する場合は、簡潔なものにしてください。画像とテキストが混じった見にくいものは避けてください。

    c. 広告、URL、またはプレイボタンのような仕掛けを含めないでください。

  4. アイコン:

    a. 透明または色付きの背景を使用してください。アイコンの背景を白にする場合は、色付きの枠線を使用してください。

    b. ロゴにドロップシャドウを設定する場合は、色付きの背景を使用してください。

  5. バナー:

    a. 四辺や境界線に丸みをつけないでください。

    b. 第三者のロゴを含めないでください。

  6. 動画:

    a. アプリの名前を表示してください。

    b. アプリの目的を明確に示し、正確に、妥当な形でアプリの内容を見せてください。

    c. 高画質、高解像度の動画を使用してください。

    d. 動画と動画のカバー画像はわかりやすく、識別しやすいものにしてください。広告を含めてはなりません。

12. Open Graph

  1. Open Graphのカスタムアクション:

    a. すでにサポートされているアクションを自作しないでください。

    b. アクションやオブジェクトを、明確な、シンプルな方法で記述してください。

    c. 記事に文法の誤りがないようにしてください。

    d. 提出時の連絡には英語を使用してください。

    e. コンテンツを利用者が利用、閲覧、検索、表示したことを示さないでください。

    f. 提供するアプリを利用者がインストールしたこと、アクセスしたこと、接続したことを表示しないでください。

  2. 「読む」アクションと「見る」アクション:

    a. 利用者のページ閲覧時間が10秒を超えた場合にのみアクションを公開してください。

    b. Facebookに公開された記事が掲載されているのと同じページで、利用者がそのコンテンツを削除できるようにしてください。

13. ソーシャルプラグイン

  1. プラットフォーム統合をFacebook以外の広告に含めたり、組み合わせたりしないでください。

  2. ソーシャルプラグインやsharer.phpのスペースを売買しないでください。

  3. 互いに「いいね!」、「共有」、「コメント」、「フォロー」しあう活動に参加しないでください。

  4. ソーシャルプラグインの要素をさえぎったり、覆ったりしないでください。

  5. 引用プラグインに関する追加ポリシー:

    a. 引用句には、利用者によって選択されていないコンテンツを事前に設定しないでください。これは、利用者がシェアする前にコンテンツを編集または削除できる場合であっても同様です。

    b. 引用プラグインは、利用者が引用句を選んでシェアできるようにするためのものです。引用句をすすめて利用者がシェアできるようにする場合は、アプリ定義の引用句パラメータを使います。

    c. アプリ定義の引用句パラメータを使う場合、URL、広告、第三者のブランドコンテンツ、その他あらゆる種類の宣伝用コンテンツが推奨される引用句に含まれていてはなりません。

    d. ゲームアプリで引用プラグインを使ってはなりません。

14. Ads API

  1. Ads APIのアクセスレベルがベーシックかスタンダードの場合、30日以上使用しないと開発者レベルのアクセス権に下げられることがあります。

  2. 広告ネットワークやデータブローカーはAds APIを使わないでください。

  3. Facebookの競合的位置付け、利害、広告哲学に反するようなコンテンツ、サービス、活動を宣伝しないでください。

  4. Facebookが提供しているもの以外のパートナーカテゴリのターゲット設定オプションを提供しないでください。

  5. 1つの広告アカウントを、複数の広告主(エンドアドバタイザー)やそのFacebookにおけるつながり(Facebookページ)に兼用しないでください。

  6. 無料または試用版のAds APIアプリ:

    a. 顧客ごとの1日あたりの広告作成数が50を超えないようにしてください。

    b. 新しいアカウントについては、必ず電話またはメールによる確認を求めてください。

    c. アプリ開発者のテクノロジーをアフィリエイトネットワークに使用させないでください。

  7. 価格の透明性:

    a. 開発者の提供するツールやマネージドサービスの使用に関しては、固定料金、または広告費用の割合に基づく料金のみ課金してください。

    b. 料金とは別に、Facebook指標(CPC、CPM率など)を使用して、Facebookの広告に費やした金額を広告主(エンドアドバタイザー)に積極的に開示してください。

    c. Facebook広告の料金として課された金額を開示してください。

    d. Facebookは、クライアントから請求を受けた場合、料金または開発者がFacebookの広告に費やした金額を開示する場合があります。

    e. Facebookは、この利用規約に準拠していることを確認するためのドキュメントの提出を請求する権利を有します。

    f. Facebookの広告オークションを使用する場合は、固定のCPMやCPCに基づいて広告を販売しないでください。

  8. データの収集と使用:

    a. Ads APIのアクセスレベルがスタンダードで、事前に書面による許可を得ている場合は、広告上に1x1のピクセルビュータグを配置できます。

    b. 収集するすべてのデータについては、必ず匿名性を確保してください。

    c. 広告主(エンドアドバタイザー)のキャンペーンから入手したデータは、その広告主のFacebookキャンペーンのパフォーマンスを最適化または測定する目的にのみ使用してください。

    d. Facebook内外でターゲット設定を再度行う目的でデータを使用しないでください。

    e. Facebookから入手したデータを別のプラットフォームの広告キャンペーンと混在させないでください。

    f. データは、いかなる利用者のプロファイリング情報を構成または補強する目的にも使用してはなりません。

    g. 抱き合わせやリダイレクトを行わないでください。

    h. 広告主(エンドアドバタイザー)の立場を代行する人を除き、いかなる人にもFacebookの広告統計データへのアクセスを許可してはなりません。

  9. 最適化CPMを含め、すべての入札の種類を実装してください。

  10. カスタムオーディエンス:

    a. カスタムオーディエンスを利用する場合は、カスタムオーディエンス利用規約に準拠してください。

    b. カスタムオーディエンスをクライアントの代理で作成するときは、そのクライアントのデータのみを使用してください。

    c. FacebookのユーザーIDは、使用するユーザーIDに該当する利用者がクライアントのアプリにログインしているときにのみ、しかも、その利用者から必要な同意を得ている場合にのみ、カスタムオーディエンスの作成に使用できます。

    d. カスタムオーディエンスを販売したり譲渡したりしないでください。

  11. Facebookからの請求があった場合は、アプリに対する広告主(エンドアドバタイザー)のアクセスを取り消してください。

  12. リード獲得広告:

    a. クライアントのリード獲得広告データは、そのクライアントを代理する場合にのみ使用します。

    b. あるクライアントのリード獲得広告データを、別のクライアントのリード獲得広告データと組み合わせないでください。

  13. 利用者が広告ポリシーを含むFacebook利用規約に同意していることを確認します。

15. Page API

  1. ページの作成、取得、管理などに料金を請求しないでください。

  2. 利用者がページを作成できるようにする前に、まず既存のページを取得する手段を提供し、ページの重複を防ぎます。

  3. 利用者が広告ポリシーを含むFacebook利用規約に同意していることを確認します。

  4. 利用者の同意なく、その人に代わってページを作成または取得しないでください。

  5. 開発者が利用者に代わって作成または管理しているページに、利用者がアクセスできないようにしないでください。

  6. ページの管理者の同意なく、第三者に管理者を開示しないでください。

16. Messengerプラットフォーム

  1. Facebookの技術文書に記載されたすべての指示に従ってください。

  2. ユーザー認証とオプトアウト:

    a. ユーザー認証手段は障害物がない目立つ場所に配置し、利用者がメッセージスレッドの開始に同意するようにします。

    b. Messengerで利用者に連絡できるのは、その人が、開発者または開発者がサービスプロバイダとして業務を行っている当事者から連絡を受けることに同意している場合のみとします。

    c. ピクセル: コンバージョントラッキング、ウェブサイトのカスタムオーディエンス、およびモバイルアプリのカスタムオーディエンスに関する利用規約に従ってください。

    d. Messengerのオプトアウト: 開発者がMessengerを使い利用者に連絡することをブロック、停止、またはその他の方法で拒否(オプトアウト)するというリクエストを利用者から受け取った場合は、それがMessengerで寄せられたものかどうかを問わず、すべてのリクエストを尊重してください。

  3. サービスプロバイダ:

    a. 開発者と企業との契約が本プラットフォームポリシーを含むFacebook利用規約に抵触せず、また企業がFacebookの規約やポリシーに同意することを保証してください。

    b. 開発者がサービス提供先の企業の代理人として行動する権限を有していること、および開発者は当該企業の利益のためだけにFacebookのプラットフォームを使うことを保証してください。

  4. 開発者の住所、およびメールアドレス、ウェブアドレス、電話番号のうち1つ以上を含むカスタマーサポート用の連絡先情報を記載したFacebookページの維持管理を行ってください。

  5. メッセージとデータ:

    a. 開発者が意図するMessengerの用途をFacebookが承認した後で、追加の用途をFacebookに提出し審査と承認を受けることなく、用途を追加しないでください。顧客からの問い合わせにはFacebookの事前承認なく返信できますが、返信内容はFacebookポリシーに準拠するようにしてください。つまり、広告を含めてはなりません。

    b. Facebookから事前の書面による許可なく、広告、マーケティング、何らかの宣伝用コンテンツの送信にMessengerを使わないでください。利用者がこのようなコンテンツの受信を希望している場合であっても同様です。

    c. Messengerで商品やサービスの提供や販売を行う許可をお持ちの場合、Facebook商取引業者規約に従ってください。

    d. Messengerで個人の支払いカード、金融口座番号、カード所有者に関するその他のデータをリクエストしたり、シェアしないでください。

    e. Facebookの事前の許可なく、支払い情報を収集するMessenger外部のサイトへのリンクを含めないでください。

    f. Messengerでリーチした利用者に関してFacebookから得たデータは、メッセージスレッドの内容を除き、開発者が選択して使用しているメッセージタイプをサポートするうえで合理的に必要な場合を除いて使用しないでください。

    g. ゲーム: ゲームで支払いが発生する場合、Messengerプラットフォームを使用しないでください。つまり、ゲームは無料でプレイでき、有料コンテンツを提供していないものである必要があります。

  6. 重要な情報:

    a. 開発者に対して否定的な意見が大量に寄せられたり、開発者がFacebookポリシーに違反した場合は、Facebookが独自の裁量により、開発者のMessengerへのアクセス権を制限または取り消すことがあります。

17. Messenger Expression

  1. 一般ポリシー

    1. 該当するすべてのプラットフォームポリシーを必ず遵守してください。

    2. Facebookの技術文書の規定に従ってください。

    3. Facebookのロゴやブランドの使用を希望する場合は、ブランドガイドラインに従ってください。

    4. シェアシートのコンテンツを部分的に非表示にしたり隠したりしないでください。

    5. コンテンツは、妨げられることなく即座に選択したり作成したりできるようにします。コンテンツをシェアする際、余計な情報で妨げられることがないようにしてください。

    6. 利用者が有料コンテンツを利用する場合は、コンテンツが有料であることを事前に通知してください。

    7. Messengerに送信するコンテンツには広告を含めないでください。

    8. ロゴやアプリ名を表示できるのは、Facebookが提供した枠内のみです。

    9. Messengerを、アプリの招待チャネルとして使用しないでください。アプリのコンテンツに対する利用者の反応が増えるよう、リアルタイムのやり取りを促進しましょう。

    10. アプリのコンテンツのほとんどを有料にすることは避けてください。アプリには、シェア可能な無料のコンテンツを必ず含めるようにします。

    11. 1日あたりのインプレッションが40万を超えた場合、追加の規約への同意が必要になることがあります。

  2. 最適化されたアプリと注目のアプリに関する追加ポリシー

    1. アプリでFacebookの中心的な機能を模倣したり、別のアプリに模倣させてそのアプリを宣伝したりすることは禁じられています。

    2. アプリは、無料でインストールできなければなりません。

    3. 有料コンテンツを複数のアプリで提供する場合は、必ず、できるかぎり低料金でMessengerに提供するようにしてください。

    4. 利用者がMessengerから開発者のアプリにアクセスした場合、アプリの利用体験をシェアする場所はMessengerをメインの場所としてください。

    5. 魅力に欠けるコンテンツや長々としたコンテンツは配信しないでください。アプリからは、利用者が作成した独自のコンテンツや、簡潔にまとめられた魅力のあるコンテンツだけがMessengerに配信されるようにします。アプリのコンテンツについて利用者からMessengerへの反応が増えるよう、リアルタイムのやり取りを促進しましょう。

    6. コールトゥアクションボタンは、そのコンテンツを作成したアプリに必ずリンクさせてください。

    7. Messengerをアプリにリンクさせる場合は、シェア可能な無料のコンテンツが提供されていることをリンク先のページに明示してください。有料コンテンツを利用者に提示できるのは、無料コンテンツの明示がある場合に限ります。

    8. アプリには、activateAppや購入イベント(アプリ内購入がある場合)などのApp Eventsを実装してください。

    9. コンテンツのコールトゥアクションやMessenger内検索機能など、最適化された特徴的な機能を提供するかどうかは、Facebookの独自の裁量によるものとし、機能はいつでも削除できるものとします。

18. Account Kit

  1. Account Kitユーザーインターフェイスのいずれの要素も隠さないでください。また、Facebookの技術文書で明示的に許可されている場合を除き、要素を変更しないでください。

  2. 利用者がメールアドレスや電話番号でログインした場合、開発者によるそのデータの使用は、開発者のプライバシーポリシーと適用される法律や規制の対象になります。

  3. 1か月のSMS件数が10万件を超えた場合、追加の規約への同意が必要になることがあります。

  4. メールアドレスや電話番号でログインした利用者がアカウントを削除または削除を依頼した場合は、delete API経由でFacebookにその旨を通知してください。

  5. Facebookが開発者のAccount Kitサービスへのアクセスを取り消した場合、開発者は30日間、利用者がAccount Kitサービス経由で提供したアカウントデータや、開発者がPreferences APIで保存したデータをリクエストできます。Facebookは、法律により禁止されている場合を除き、この情報を提供します。

19. Live API

  1. APIを使ってFacebookとその他のオンラインサービスを同時にストリーミングしないでください。

  2. APIを使ってモバイルカメラでFacebookにライブストリーミングできるようにしないでください。

20. Profile Expression Kit

  1. プロフィールの写真や動画に、広告や、ロゴやウォーターマークなどの商用コンテンツを含めないでください。

  2. プロフィールの写真や動画にスライドショーを含めないでください。

  3. 本人が写っていないプロフィールの写真や動画をアップロードすることを利用者にすすめないでください。

  4. 写真や動画の作成と編集を主な用途とするアプリのみが、Profile Expression Kitを使えます。

21. 定義

  1. 「アプリ」とは、FacebookによるアプリID番号の割り当てを受けた任意の技術的統合物を意味します。

  2. 「アカウント情報」は、名前、メールアドレス、性別、生年月日、居住地、プロフィール写真のURLで構成されます。

  3. 「Ads API」には広告に関連するすべてのGraph APIやReal Time APIが含まれます。これには、Graph APIやReal Timeの更新から得られるすべてのリード獲得広告データが含まれますが、これらに限定されるものではありません。

  4. 「ユーザーデータ」とは、ある利用者に関して開発者または第三者がFacebookから取得したコンテンツや情報を含む、あらゆるデータを意味します。

  5. 「SDK」とは、Facebookプラットフォームで使用するアプリを作成するのに役立つ、Facebookから受け取るオブジェクトコードライブラリ、サンプルのソースコード、ドキュメントなどを意味します。

  6. 「Facebook」または「Facebookサービス」とは、Facebookが提供する機能およびサービスを意味します。これには以下を通じて提供されるものを含みます。(a) Facebookウェブサイト(www.facebook.com)およびその他のFacebookブランドまたは共同ブランドのウェブサイト(サブドメイン、各国語バージョン、ウィジェット、モバイルバージョンなど)、(b) Facebookのプラットフォーム、(c)いいね!ボタン、シェアボタンなどのソーシャルプラグイン、(d) 現存する、または今後開発されるその他の媒体、ブランド、製品、サービス、ソフトウェア(ツールバーなど)、デバイス、ネットワークなど。Facebookは、Facebookのブランド、製品、またはサービスの中からいずれかをFacebook利用規約ではない、別の規約で運用することを独自の裁量で指定する権利を有します。