Workplace from Facebook

Workplaceの統合をビルドする際に役立つ開発者向けドキュメント。

概要

Workplaceコミュニティ用のカスタム統合または複数のコミュニティにインストールできるサードパーティ統合のビルドについてご確認ください。

これらのガイドについて

本セクションのドキュメントは技術的な情報を含んでおり、Workplace開発者を対象読者としています。自分がその対象に含まれないと思われる場合は、次のドキュメントをご覧ください。

Workplace from FacebookについてWorkplaceヘルプセンター

はじめに

はじめに

Workplace用統合のビルドに関する基本をご確認ください。
詳しくはこちら

カスタム統合

カスタム統合をビルドすることにより、自分の会社用にWorkplaceの機能を拡張する方法をご確認ください。
詳しくはこちら

サードパーティのアプリ

サードパーティアプリにより独立ソフトウェアベンダーは、自社のSaaS製品やPaaS製品をWorkplaceに統合できます。
詳しくはこちら

プラットフォームの特徴

ボット

グループおよびチャットでWorkplace用ボットをビルドします。
詳しくはこちら

アクセス認証プレビュー

Workplace上でシェアする際にコンテンツのプレビューを正しく表示するための認証プレビューをサポートします。
詳しくはこちら

拡張シェア

容易にシェアできるようにするため、Workplace作成ツール内でコンテンツを表示できるようにします。
詳しくはこちら

シェアダイアログ

Workplace外に存在するコンテンツがある場合、そのコンテンツをユーザーが簡単にWorkplace内でシェアできるようにしたいと思うかもしれません。
詳しくはこちら

参考ドキュメント

グラフAPI

Workplace用グラフAPIでは、プログラマチックな方法でWorkplaceにデータを出し入れすることができます。これは下位レベルのHTTPベースのAPIで、Workplaceグラフのオブジェクトに関するデータをクエリするために使用できます。

詳しくはこちら

Webhooks

Webhooksを利用すれば、統合がWorkplace内のイベントをフォローしたり、アップデートをリアルタイムに受け取ったりできます。Workplaceで変化があると、HTTPS POSTリクエストが、関連するWebhookトピックをフォローしている各アプリのコールバックURLに送信されます。

詳しくはこちら

アクセス許可

このガイドでは、Webhooks APIおよびWebhooksのアプリとアクセス許可モデルについて詳しく説明します。

詳しくはこちら

アカウント管理API

Workplaceコミュニティ参加者のアカウントを用意したり閉鎖したりするためのカスタムコネクターをビルドします。

詳しくはこちら