WhatsApp Businessプラットフォーム

中規模ビジネスと大規模ビジネスは、WhatsApp Businessプラットフォームを使用して多数のカスタマーとコミュニケーションを取れます。ビジネスはWhatsAppのAPIを使用して、何千というエージェントやボットと接続し、プログラムまたは手動でカスタマーとやり取りできます。さらに、APIは多くのバックエンドシステム(CRMなど)やマーケティングプラットフォームと統合できます。

このドキュメントは開発者向けです。開発者以外の方は、ここをクリックし最適の情報に移動することができます。

APIでプラットフォームの機能停止が発生しているかどうかについての最新情報は、WhatsApp Business APIステータスページをご覧ください。

ドキュメントの内容

概要

WhatsApp Businessプラットフォームの詳細とその使い方をご確認ください。必要なビジネスアセット送信できるメッセージのタイプビジネスでのQRコードと招待リンクの活用方法をご覧ください。

クラウドAPI

Business APIのクラウド実装の利用を開始する方法についてご案内します。リファレンスWebhooksサポートもご覧ください。

オンプレミスAPI

Business APIのオンプレミス実装の利用を開始する方法についてご案内します。各種ガイドリファレンスWebhooks変更履歴よくある質問もご覧ください。

ビジネス管理API

このAPIは、メッセージテンプレートや電話番号など、WhatsApp Businessアカウントのアセットをプログラムで管理するために使用します。

埋め込み登録

ビジネスソリューションプロバイダー(BSP)はこの製品を利用すると、ビジネスがBSPのウェブサイトから直接WhatsApp Business APIにオンボーディングできるようにすることが可能です。

ベストプラクティス

当社のAPIや製品を使用する事業者向けのベストプラクティス。品質評価メッセージの制限メッセージテンプレートのガイドライン、その他の資料をご覧ください。

サポート

エラーメッセージFAQサポートへのお問い合わせAPIステータスページの使い方をご覧ください。

ビジネスヘルプセンター

WABAを作成する方法やビジネスソリューションプロバイダー(BSP)を利用する方法についてご覧ください。WhatsApp誘導型の広告で宣伝する方法についてご確認ください。

WhatsAppヘルプセンター

WhatsApp BusinessコミュニケーションツールWhatsApp Business APIへのアクセスの取得方法の詳細をご覧ください。