Facebookのライブ動画

多彩なツールを使って楽しみながら効果的にフォロワーとつながり、新たなフォロワーを獲得しましょう。

I. クイックスタートガイド

Facebookで初めてライブ配信を行うとき、設定と実際の配信を行うために必要な手順がいくつかあります。 このLive APIのチュートリアルでは、アプリレビューでLive APIへのアクセス許可を申請する方法から、視聴体験の理解までのすべてを説明していきます。

クイックスタートガイドでは次の内容を説明していきます。

  • Live APIの概要
  • Live APIへのアクセス許可の取得
  • ライブ配信に必要なアクセス許可(パーミッション)
  • Facebookへの配信
  • 視聴体験

II. ライブ配信を行うためのその他の方法

Facebookではライブ配信機能の開発を進める中で、誰もがより簡単に独自の方法でライブコンテンツをシェアできるよう目指しています。 Graph APIをあまり利用したことがなく、むしろFacebookのユーザインタフェースからライブ配信を行いたい方向けに、このページでは「投稿ツール」や「[ライブ配信を開始]ダイアログ」など、他のライブ配信機能について説明していきます。 また、様々なケースでのライブ配信をサポートするFacebook Liveデベロッパーパートナーを利用することもできます。

ライブ配信の解説ドキュメントでは次の内容を説明していきます。

  • 長時間のライブ配信
  • [ライブ配信を開始]ダイアログ
  • 投稿ツール
  • デベロッパーパートナーの利用

III. 製品レベルの品質で配信を行う

Live APIと投稿ツールでは、ともにライブ配信をプレビューし、カスタマイズできます。 特定のオーディエンスや国への限定配信、ブランドコンテンツのスポンサーシップ参照、 著作権対象コンテンツの管理が可能です。

配信メディアのブロードキャストガイドでは次の内容を説明します。

  • 技術仕様とブロードキャストの推奨事項
  • 設定方法: 製品レベルの品質で配信の設定
    • プレビューを使用してテストする
    • ライブ動画をアップデートする
    • 配信を停止/削除する
  • オーディエンスを設定する
  • ライブ動画の日時指定
  • ブランドコンテンツを適用する
  • 著作権管理とRights ManagerのAPI
  • 通知とシェアを通じたエンゲージメントを理解する
  • コメントのモデレーションを処理する

IV. トラブルシューティングガイド

Facebookではさまざまな方法でライブ配信できますが、最適な品質で配信するためには、推奨事項がいくつかあります。 なお、ライブ動画が正常に配信されない場合には、以下のヒントやコツを使用してライブ配信のデバッグを行い、問題を解決できます。