ウェブ上のシェア

利用者がウェブサイトからFacebookにコンテンツを簡単に投稿できる方法を追加できます。利用者がサイトからシェアすると、サイトにリンクとしての属性が与えられ、シェアされた投稿に埋め込まれます。

ウェブからはさまざまなタイプのコンテンツをシェアできますが、最も一般的なのは次の基本的なリンクです。

  • リンク - 記事、写真、動画、その他のコンテンツを、そのコンテンツのあるページを指すURLとしてシェアします。
  • 近況アップデート - プレーンテキストで近況アップデートをシェアします。この場合、サイト上の特定コンテンツにはリンクされませんが、投稿をサイトに関連付けます。Feed dialogの使用が必要です。
  • Open Graph記事 - Open Graphを使うと、アプリを使い、リッチな構成の記事を公開できます。例:「ジュリーはGoodreadsで本を読みました」。詳しくは「Open Graph Stories (Open Graph記事)」をご覧ください。

前提条件

Open Graphマークアップ

シェアを有効にする前に、Open Graphタグを使ってページのHTMLをマークアップする必要があります。

これによって、利用者がサイトからシェアしたときに、タイトル、説明、画像サムネイルを付けて、コンテンツを希望通りにFacebook上に表示できます。

モバイルサブドメインをお持ちの場合は、モバイルサブドメインを最適化することによってコンテンツを最適化できます。

注: アプリでiTunesやGoogle Playストアへのリンクをシェアする場合は、シェアで指定した画像や説明は投稿されません。代わりに、Webクローラーで直接アプリストアからスクレイピングしたアプリ情報の一部が投稿されます。これには画像が含まれない場合があります。iTunesやGoogle Playへのリンクのシェアをプレビューするには、シェアデバッガーにリンクのURLを入力します。

詳しくはこちら

コンテンツをシェアする

Facebookシェアダイアログを開く独自のUIやソーシャルプラグインを使用した、ウェブサイトからのシェアを有効にできます。

ソーシャルプラグイン

ウェブでシェア機能を有効する際にエンドツーエンドのソリューションを使用する場合、関連性の高いソーシャルプラグインとして次のようなものがあります。

  • シェアボタン。利用者は、グループやMessengerの非公開のメッセージなど、シェアする場所を選択できます。
  • 引用プラグイン。利用者はページ上のコンテンツをハイライトして、リンクシェアとペアにして追加できます。

ウェブダイアログの使用

サイトでプラグインが機能しない場合は、ダイアログを直接開くというオプションもあります。サイト上にボタンを作成して、ダイアログを呼び出します。一般的には、次のいずれかを使用します。

まれに、他の方法が必要になる場合があります。リンクを添付せずにプレーンテキストによる近況アップデートの投稿を希望する場合は、Feed dialogを使用してください。リンクではなく写真や動画をシェアする場合は、カスタムのインターフェイスを作成し、利用者に自分のタイムラインに投稿するよう依頼する必要があります。この場合、Facebookログインの実装と、publish_actionsアクセス許可のリクエストが必要になります。詳しくは「Publishing with the Graph API (Graph APIを使用した公開)」をご覧ください。