Facebookでのシェア

「シェア」を使用すると、ウェブサイトやモバイルアプリから簡単にコンテンツをFacebookに表示させることができます。「シェア」は、シェアボタンや送信ボタンといったソーシャルプラグインをクリックするとトリガーされます。これにより、シェアダイアログやMessage dialogが起動します。また、これらのダイアログを起動するためのボタンをデザインしたり、シェアインターフェイスをカスタマイズすることもできます。

この文書では、以下について説明します。

シェア環境

Facebook上でのシェアは、次のような中核コンポーネントに依存します。

URL: モバイルアプリからのシェアを含むFacebook上のほとんどのシェアは、記事、画像、動画、その他を問わず、リンクという形で行われます。

Facebookクローラー: コンテンツがシェアされると、Facebookクローラーによってページがスクレイピングされ、Facebook上にプレビューが表示されます。

Open Graph タグ: ウェブページのHTMLの<head>にOpen Graphメタタグを追加すると、コンテンツのタイトル、説明、サムネイル画像を備えたクローラーが提供されます。

シェアインターフェイス: エンドユーザーがウェブサイトやアプリからFacebookにコンテンツをシェアする方法には、いくつかの種類があります。それぞれの仕組みは次のとおりです。

ボタンによるトリガー シェアインターフェイスの起動 公開形式

シェアボタン

ウェブ: シェアダイアログ

モバイル: ネイティブシェアダイアログへの高速アプリスイッチ

タイムラインとアクティビティログに表示します。

ニュースフィードに表示されることもあります。

送信ボタン

ウェブ: Message Dialog

モバイル: ネイティブMessage Dialogへの高速アプリスイッチ

Facebookメッセージとして送信します。

カスタムボタン

起動できるもの:

シェアダイアログ

Message Dialog

カスタムシェアインターフェイス

シェアダイアログの公開形式に基づくカスタムシェアインターフェイス。

コンテンツタイプ

利用者は次の種類のコンテンツをFacebookにシェアできます。

  • リンク - ほとんどのコンテンツはHTMLページを参照するURLです。最適な情報を提供するため、Facebook固有のメタタグを使用してページをマークアップしてください。「ウェブ管理者向けシェア機能ガイド」をご覧ください。

  • 写真 - 利用者が作成した写真を直接アップロードできます。

  • 動画 - 利用者が作成した動画を直接アップロードできます。

  • マルチメディア - 写真と動画を組み合わせて直接アップロードできます。

  • Open Graph story - Open GraphアクションとOpen Graphオブジェクトを使用すると、厳密に事前定義されたAPIを通じて機能豊富な記事を作成できます。

ニュースフィードでシェアしたコンテンツからアプリへとリンクバックできます。App Linksをクリックすると、シェアされたコンテンツからアプリが起動されます。アプリ内の特定のコンテンツにリンクさせることもできます。

引用のシェア

アプリに実装できる引用のシェアには2種類あります。利用者が定義するものと、パブリッシャーが定義するものです。利用者が定義する引用のシェアでは、利用者がテキストをハイライトしてシェアできます。パブリッシャーが定義する引用のシェアでは、シェア用テキストを事前に選択して、その横にシェアボタンを配置できます。

ハッシュタグ

ハッシュタグをシェアされたリンク、写真、動画に関連付けることができます。

シェアの方法

Facebookでは、利用者ができるだけ簡単かつ柔軟にアプリからコンテンツをシェアできるようにすることを目指しています。これらのオプションにより、まずアプリの利用者がどのような形式でコンテンツをシェアできるかを選択し、次に実装方法を選択できます。

デフォルトで用意されている機能を使うか、すべて一からカスタマイズするか、その中間か、ご使用のプラットフォームを問わず、自由に選ぶことができます。

ボタン

Facebookにシェア機能を搭載する一番簡単な方法は、ダイアログをトリガーするボタンを使用することです。Facebook SDKは、便利なボタンを数種ご用意しています。これらのオプションのどれを選んでも、Facebookログインを実装する必要はありません。

ウェブ

Facebookでは、「いいね!」「シェア」「送信」ボタンなどのソーシャルプラグインを使用できます。これらはデスクトップウェブとモバイルウェブの両方に対応しています。

モバイル

iOSAndroid用の「いいね!」「シェア」「送信」用ボタンもあります。

カスタム

あらゆるプラットフォームで使用できる「いいね!」「シェア」「送信」用のカスタムボタンを独自に作成することもできます。

ネイティブダイアログ

ネイティブFacebookダイアログを使用する場合、Facebookログインを追加することなくシェア機能を実装できます。ネイティブボタンと同様、特別な設定なしで実装できます。

シェアダイアログ

シェアダイアログを使用すると、利用者はアプリにログインしたり何らかのアクセス許可を取得したりすることなく、コンテンツを簡単にシェアできます。この機能は、ウェブ、Android、iOSに対応可能です。

モバイルの場合、シェアダイアログを使用してコンテンツをシェアすると、デバイス上で使用中のアプリとFacebookアプリがすばやく切り替わります。ネイティブFacebookアプリがインストールされていない場合、代わりにウェブダイアログを使用することもできます。

Message Dialog

Message Dialogを使用すると、Messengerにコンテンツを非公開でシェアできます。シェアダイアログと同様、これはネイティブなシェアコンポーネントであるため、Facebookログインの実装やpublish_actionsアクセス許可のリクエストは不要です。

Message Dialogにより、利用者はリンク、画像、Open Graph storyをシェアできます。モバイルの場合、ネイティブのMessengerアプリがインストールされている必要があります。

カスタムシェアインターフェイス

ウェブサイトやアプリに対してシェア機能の操作性をカスタマイズするには、あらゆるプラットフォーム上でFacebookダイアログをトリガーできる独自のボタンを作成する方法や、Graph APIを呼び出すカスタムダイアログとカスタムボタンを併用するという方法があります。

カスタムシェアダイアログをアプリに追加するには、Facebookログインを実装する必要があります。また、publish_actionsアクセス許可をリクエストする必要があります。これにはログインレビューの申請が必要です。

コンテンツの最適化

マークアップ

コンテンツがFacebook上でどのように表示されるかを管理するには、Open Graphタグを使用してウェブサイトのHTMLをマークアップすることが重要です。これらのタグがないと、Facebookクローラーはタイトル、説明、画像といったコンテンツを特定しようとリソースを消耗します。

ページのHTMLの<head>にOpen Graphタグを追加して、Facebookへのシェアに向けてコンテンツを最適化します。これらのタグはシェアされるコンテンツについて説明するものです。それには、画像、動画、記事といったコンテンツタイプや、その他の追加的な属性が含まれます。

コンテンツに含める必要のあるタグについて詳しくは、「Markup for Sharing (シェアのためのマークアップ)」をご覧ください。

URLの更新

コンテンツを新しいURLに移動させる場合、元のURLの「いいね!」、シェア、コメントは自動的に移行されません。これらのアクションを新しいURLでも引き続き集約するには、Facebookクローラーでコンテンツの正規URLを表す古いページを指してください。方法については、このウェブ管理者向けガイドをご覧ください。