Messengerプラットフォーム2.1がリリースされました。

ハンドオーバープロトコル、ビルトインNLP、新しい支払いフローなどの機能が追加されました。
詳しくはこちら→

はじめに

基本情報とベストプラクティス詳しくはこちら

スタートガイド

初めてのMessengerボットをすぐに作成できます作成を始める

プラットフォームの特徴

快適な操作性を生み出す優れたツール
メッセージテキスト、メディア、構造化されたテンプレートなどを送受信します
ウェブビュー好みの開発ツールやフレームワークを使用してウェブベースのサービスを構築します
決済スレッド内で支払いを受け付けるか、ウェブビューで独自のフローを構築します
発見Messenger、Facebook、ウェブを利用して、新しい利用者にリーチしたり、既存の利用者とのつながりを深めます
IDとプロフィールスレッドを利用者に合わせてカスタマイズし、既存の認証とリンクして、一元化されたサービスを生み出します
チャットエクステンションリーチを拡大し、すべてのスレッドでMessengerサービスを利用できるようにします
NLP自然言語処理を組み込んで会話するようにコンテキストを取得します
Analyticsインサイトを得て、パフォーマンスを監視、成果を追跡し、Facebook Analyticsを活用します

審査および申請プロセス

プラットフォームポリシーを確認し、導入前のチェックリストに従って正常に起動することを確認します