クイックスタート:JavaScript用Facebook SDK

Facebook SDK for Javascriptには、以下のような、クライアント側の充実した機能が備わっています。

SDK、ソーシャルプラグイン、ダイアログが、デスクトップとモバイルウェブブラウザの両方で機能するようにする。

このクイックスタートガイドでは、SDKをセットアップする方法と、いくつかの基本的なGraph API呼び出しを行う方法について説明します。SDKを後からセットアップする場合は、すべてのSDKメソッドに対応しているJavaScriptテストコンソールを利用して、例をいくつか試せます(セットアップのステップを飛ばし、このクイックガイドの他の部分についてコンソールでテストできます)。

基本的なセットアップ

JavaScript用Facebook SDKには、ダウンロードやインストールが必要なスタンドアロンファイルはありません。必要なのは、通常の小さいJavaScriptをHTMLに含めることだけです。これにより、SDKがページに非同期的に読み込まれます。非同期的な読み込みであるため、ページ内の他の要素の読み込みを妨げません。

以下のコードスニペットを使って、オプションが最も一般的なデフォルトに設定されている基本バージョンのSDKを配置できます。コードを適用する各ページで、<body>開始タグの直後に挿入してください。

<script>
  window.fbAsyncInit = function() {
    FB.init({
      appId            : 'your-app-id',
      autoLogAppEvents : true,
      xfbml            : true,
      version          : 'v2.11'
    });
  };

  (function(d, s, id){
     var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];
     if (d.getElementById(id)) {return;}
     js = d.createElement(s); js.id = id;
     js.src = "https://connect.facebook.net/en_US/sdk.js";
     fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);
   }(document, 'script', 'facebook-jssdk'));
</script>
    

このコードがSDKの読み込みおよび初期化を行います。your-app-idの値は、FacebookアプリのIDに置き換えてください。このIDはアプリダッシュボードで確認できます。