Facebookでサポートされているロケールと言語

Facebookが使用する形式はll_CCであり、llは2文字の言語コードで、CCは2文字の国コードです。たとえば、en_USは、アメリカ英語を表します。 多くのISO言語国コードをサポートしています。

ただし、例外としてar_ARes_LAの2つはISO基準に従いません。 Facebookでは、これらのコードをアラビア語とスペイン語の包括ロケールを示すために使用しています。スペイン語については、Facebookでは、いくつかの特殊ローカライズをサポートしています。

アプリの利用者のロケールと言語は、User Graph APIオブジェクトlocaleフィールドで確認できます。

ソーシャルプラグインとJavaScript SDKを利用したローカライズ

ウェブサイトやアプリをFacebookに統合する最も基本的な方法は、ソーシャルプラグインを追加することです。ソーシャルプラグインには、利用者があなたのウェブページやアプリに対して簡単にアクションを実行できるようにする[いいね!]や[おすすめ]などのボタンがあります。

ソーシャルプラグインが追加されると、Facebookでは、Facebook JavaScript SDKを利用して、プラグインのテキストを現地の言語に自動で翻訳します。このSDKは、Facebookでサポートされているすべてのロケールで利用できます。

ソーシャルプラグインの自動翻訳を利用するには、SDKのロケールをサイトと同じロケールに変更する必要があります。具体的には、SDKのソースの読み込み時には、en_USを、サポートされているロケールコードに変更する必要があります。

たとえば、アプリまたはサイトがスペイン語で表示されている場合、次のコードを使ってSDKを読み込むと、表示されるすべてのソーシャルプラグインがスペイン語になります。

(function(d){
  var js, id = 'facebook-jssdk'; if (d.getElementById(id)) {return;}
  js = d.createElement('script'); js.id = id; js.async = true;
  js.src = "https://connect.facebook.net/es_LA/all.js";
  d.getElementsByTagName('head')[0].appendChild(js);
}(document));

この処理は、サイトに直接組み込まれているプラグインやボタンにのみ適用されます。ログインダイアログなどのダイアログは、利用者がFacebook上で自言語として選択した言語で表示され、SDKの読み込み時に指定した言語と異なる場合があります。

アプリセンターとローカリゼーション

ゲームアプリの場合は、アプリをFacebookアプリセンターに表示させることができます。Facebookアプリセンターページのローカリゼーションについては、ゲーム > アプリセンターガイドの「アプリセンターページのローカリゼーション」セクションをご覧ください。