インスタント記事: よくある質問

インスタント記事はモバイル用の公開形式であり、この形式を使用してニュースの投稿者がFacebookのアプリに記事を配信した場合、読み込みと表示が通常のモバイルウェブよりも10倍速くなります。

インスタント記事の改善点や技術的な変更点に関する最新情報は、インスタント記事ニュースブログをご覧ください。

次の内容に関するよくある質問への回答をご確認いただけます。

基本

公開

収益化

基本

インスタント記事はHTMLドキュメントであり、モバイルで使用した場合のパフォーマンスの高速化、多彩なストーリーテリング機能、ブランドイメージで統一したデザイン、カスタマイズされたビジュアル表示に最適化されています。インスタント記事では標準化されたマークアップ言語(XMLに似たもの)を使用して、記事にスタイルとインタラクティブな機能を適用します。このマークアップは自動適用が可能で、コンテンツフィード全体を大規模に自動公開できます。また、手動による適用も可能であり、インスタント記事やリッチメディア要素を最大限に活用してカスタマイズした記事を作成できます。

公開者は独自のリッチメディアを販売および提供し、インスタント記事に広告を表示でき、その収益はすべて公開者のものとなります。さらに、FacebookのAudience Networkに広告を表示すれば、売れ残ったインベントリで収益を得ることもできます。

パブリッシャーは、既存のウェブベースの分析システムを使って記事のトラフィックをトラッキングしたり、Facebook Analytics、Google Analytics、Omniture、comScoreなどのサードパーティプロバイダーを利用したりできます。

インスタント記事を閲覧するには、次のバージョン以降のソフトウェアを実行するiPhoneおよびAndroid端末が必要です。

  • iPhone iPhone用Facebookバージョン30.0とiOS 7.0以降
  • Android Android用Facebookバージョン57とAndroid Jelly Bean以降

いいえ、通常どおり公開者がページ上に記事をシェアする必要があります。インスタント記事が自動的に投稿されることはありません。スマート投稿は、ページ上に記事を投稿する別のツールです。

インスタント記事では、閲覧者が関連するページに「いいね!」していない、つまりページをフォローしていない場合にのみ、ヘッダーにページのいいね!ボタンが表示されます。閲覧者がページをフォローすると、いいね!ボタンが表示されなくなります。あなたを含めたチームのメンバーが記事を閲覧したときにページのいいね!ボタンが表示されない場合、ページにすでに「いいね!」していることが原因であると考えられます。

インスタント記事を使った公開

インスタント記事は、日々のニュースから長文の詳細な特集記事まで、あらゆるタイプの記事に対応します。

必要ありません。インスタント記事には、公開者が自分のウェブサイト用に作成したコンテンツを、Facebook向けに簡単に配信する機能が備わっています。インスタント記事として公開する記事は、ニュースの公開者のウェブサイトでも公開する必要があります。つまり、利用者がインスタント記事をメールやTwitterでシェアすると、公開者のウェブサイトへのリンクもシェアされます。

インスタント記事はFacebookのモバイルアプリでのみ使用できます。コンテンツのウェブバージョンにリンクする標準のウェブURLを用意することで、Facebookで見つけたインスタント記事へのシェアリンクに、あらゆるプラットフォームの読者がアクセスできます。標準のウェブベースのURLがなければ、Facebookのモバイルアプリ経由でしか記事を閲覧できません。

Facebookでは、公開者ができるだけ簡単にインスタント記事を作成できるように努めています。基本的な設定が済めば、公開者は独自のコンテンツ管理システムからインスタント記事を自動的に作成できます。Facebookは、公開者がFacebookの公開フィードにあるすべての項目を表示し、コンテンツを手動で編集または修正するためのツールを提供しています。さらに、公開者が公開前に記事をプレビューするためのツールも用意されています。

いいえ。ニュースフィードでのインスタント記事のランク付けは、モバイルウェブ上の標準の記事のランク付けに使用しているものと同じ条件で行われます。ニュースフィードでは、利用者が行った操作や閲覧に費やした時間など、さまざまな要因に基づいて記事がランク付けされます。

いいえ。Facebook上でのリンクシェアについては変更されません。公開者と読者は、通常の操作で記事へのリンクを設定できます。つまり、インスタント記事だからと言って特別な操作は必要ありません。各インスタント記事はURLリンクに関連付けられ、友達やページがニュースフィードでリンクをシェアすると、閲覧可能な読者のFacebookにはそのインスタント記事バージョンが表示されます。

受けません。インスタント記事は、公開者がFacebookに投稿するほかの記事と同様に扱われます。

インスタント記事があることで、利用者は公開者のコンテンツをFacebookアプリ内で閲覧できるようになります。つまり、インスタント記事を閲覧する場合、利用者は公開者のウェブサイトに直接移動する必要がなくなります。公開者は、Googleアナリティクス、Omniture、comScoreといったサードパーティプロバイダーなどの既存のウェブベースの分析および属性付けを行うシステムを使用して記事のトラフィックを追跡できます。

インスタント記事では、公開者はFacebookの独自の分析ツールを使用して、読者の操作を追跡できます。公開者には、アクティビティに関する集計データのほかに、記事へのリーチややり取り、各記事の利用時間、スクロール深度、写真や動画などのリッチメディアアセットの操作などの情報が提供されます。Facebookのすべてのデータ製品と同様に、個人が特定できる情報が公開者を含む第三者にシェアされることはありません。

Facebookのページインサイトとドメインインサイトでは、ウェブおよびネイティブのページやドメインへのトラフィックに関する、年齢、性別、言語、地域の内訳に関するデータが、集計されて提供されます。Facebookでは、公開者がモバイルウェブへの訪問者に関して利用していたデータと同じデータを提供することを目指しています。

Yes, posts with Instant Articles can be boosted with ad spend, similar to posts with links to the mobile web.

インスタント記事にアクセスするには、すべてのパブリッシャーはFacebookのインスタント記事ポリシーに準拠する必要があります。Facebookは、これらのポリシーに違反したり、インスタント記事でオフになっていたり、読者層が最小限であるパブリッシャーへのアクセスを取り消します。

インスタント記事でオフになっている場合は、投稿ツールの[設定]タブの[ステップ2]で、10件の記事のレビューを申請して、ドメインレビュープロセスを再度実行する必要があります。

読者数が最小限である場合は、記事の反応が増えたときにアクセスを再申請してください。ドメインレビュープロセスを再度実行して、[設定]タブから10件の新しい記事のレビューを申請する必要があります。

Facebookは、自動および手動の審査を行い、コンテンツが収益化の対象として適しているかを判断します。Facebookはコンテキストと目的を考慮しますが、独自の裁量により、特定の広告主や特定のフォーマットなどの広告を表示しない権利を有します。

Facebookのコンテンツガイドラインに違反する記事は収益化の対象にはならず、インスタント記事ではなくモバイルサイトで公開されます。これらの記事は、投稿ツールの[プロダクション記事]タブに、影響が出る記事の横に警告が表示された状態で記載されます。

複数の違反があるクリエイターやパブリッシャーは、すべての収益化機能を利用できなくなる可能性があります。承認可能なコンテンツについて詳しくは、Facebookの収益化コンテンツガイドラインをご覧ください。

パブリッシャーは、インスタント記事のはじめに、組織のデータ収集に関するポリシーとCookieポリシーへのリンクを含むバナーを掲載できます。

このバナーはEU内の利用者のみが見ることができ、パブリッシャーがバナーをアクティブにしたあと、記事が最初に表示されたときのみ表示されます。

Cookieバナーをオンにするには:

  1. フィールドにプライバシーメッセージを入力します。このフィールドには、テキストとウェブサイトへのリンクを入力できます。
  2. Facebookページの[投稿ツール]タブを開きます。
  3. インスタント記事のサイドバーナビゲーションの設定セクションを見つけます。
  4. [スクリーンショット?]
  5. 欧州連合Cookieバナーフィールドは、[設定]ページの下部にあります。
  6. [バナーを追加]をクリックしてメッセージを保存します。

Facebookの利用者は[設定] > [ブラウザー] > [データを削除]を選択して携帯電話の閲覧データを消去できます。Facebookアプリを使用している間にも、利用者が訪問したウェブサイトのCookieとキャッシュが携帯電話から削除されます。

インスタント記事での収益化

公開者は、HTML、JavaScript、CSSを使用したバナー広告、動画広告(クリックすると再生されるか音声がオフになる)、アニメーション広告を直接販売および配信できます(広告が展開、折りたたまれたり、コンテンツをブロックしない場合)。さらに公開者は、FacebookのAudience Networkを通じて価値や関連性が高く、見る人を引き付ける広告を配信することによって、Facebook上の300万を超える広告主から収益を得ることができます。

Audience Networkは、Facebookの300万もの広告主によって支えられる、魅力的でパフォーマンスが高い広告ユニットを公開者および開発者に提供します。Audience NetworkはFacebookキャンペーンのリーチをFacebookを超えて拡大し、関連性が高くターゲットを設定した広告や革新的なネイティブの広告形式を使用することによって、コンテンツから収益を得る手段を公開者に提供します。

インスタント記事パートナーは直接販売の広告をインベントリに配信できます。独自の広告サーバーを利用して、直接販売のキャンペーンを配信することもできます。FacebookのAudience Networkを使用すると、直接販売されていないインプレッションから収益を得ることもできます。広告の販売と掲載のポリシーの詳細については、インスタント記事のポリシーに関するページをご覧ください。

はい。通常、サードパーティの広告サーバーや、追跡または計測テクノロジーも導入可能です。

はい。自社広告も使用できます。Facebookの広告配置ガイドラインに定義されているように、記事広告が読み込まれるたびにカウントされます。

ポリシーでは、記事の主なコンテンツが画像またはメディアである場合、広告はコンテンツの15%を超えてはいけません。自動広告配置機能を使用する公開者の場合、広告の配置を決定する際に、写真や動画といった記事の要素が自動的に考慮されます。

公開者はブランドコンテンツをインスタント記事として作成および公開できるようになりました。「スポンサー」、サードパーティ製の製品、ブランド、スポンサーについて特に言及または取り上げるインスタント記事はブランドコンテンツとして認識され、Facebookのブランドコンテンツポリシーの対象となります。詳細については、「Facebookブランドコンテンツポリシー」をご覧ください。

クイズも記事と同じポリシーとガイドラインの対象となります。

公開者はネイティブの広告形式(表示するプラットフォームやコンテキストに形式や機能を対応させる広告)をインスタント記事に掲載できます。ただし、インスタント記事が公開者の広告サーバーから配信される直接販売のキャンペーンであり、広告の販売と掲載のポリシーに準拠する必要があります。

サードパーティ製の埋め込み動画プレイヤーにも広告を表示できますが、クリックトゥプレイ形式であること、フォールドの下に本編の内容を掲載することが条件となります。ただし、多彩で魅力的な閲覧機能が備わっているネイティブ動画の使用を強くおすすめします。サードパーティ製の動画プレイヤーを使用する場合は、表示品質が著しく低下するため、プリロール広告から始まる動画を使用しないことをおすすめします。

Audience Network

直接販売の広告とAudience Network広告の両方を掲載する場合は、インスタント記事に広告サーバータグを導入し、Audience Networkをタグとして広告サーバーに移動します。必要に応じて優先度を設定できます。

両方を同じ配置で使用できます。広告のiframe内に広告サーバーへの呼び出しを実装することをおすすめします。広告サーバーではAudience Networkを1つの項目として管理でき、直接販売を補う収益化オプションとして使用できます。

インスタント記事のAudience Networkアカウントへのアクセス権が必要です。アカウントで[配置]に移動し、[バナーの配置]タイプを作成します。必要な配置は1つのみです。

Audience Networkコンソールでフィルタを使用することによって、カテゴリ、URL、アプリに基づいたブロックリストを管理できます。

Audience Networkは、Facebookの300万もの広告主によって支えられる、魅力的でパフォーマンスが高い広告ユニットを公開者および開発者に提供します。CPMは、公開者の読者層、広告主の支出の季節性、市場におけるその他の外部的な問題など、さまざまな要因に影響されます。Audience Networkにオンボードすると、公開者はアクセス権を持つAudience Networkダッシュボードを通じてCPMを追跡できます。

FacebookプラットフォームまたはFacebookマーケティングパートナーを通じて購入する場合、広告はコンテキストに応じて配置されるのではなく、利用者ごとのオーディエンスに基づいてターゲットが設定されます。現在、広告主はFacebookプラットフォームまたはAudience Network (またはその両方)のみをターゲットに設定できます。Facebookのエンジニアリングチームでは、さらなるターゲット設定機能を検討していますが、その詳細はまだ明らかにされていません。

Audience Networkのよくある質問」をご覧ください。

: SDKがインスタント記事の統合に含まれることはないため、詳細が適用されることはありません。

広告の掲載

DFP公開者は、選択した配置のダイナミックアロケーションを無効にするオプションを使用できます。インスタント記事で使用する場合は無効にする必要があります。

外部の広告呼び出しにはIPおよびヘッダー情報が渡され、ターゲット設定に使用できます。

インスタント記事では、広告にメタデータを渡すマクロを使用しません。Facebookの記事の取り込み時に広告のリクエストにメタデータを渡す機能については、独自に作成していただく必要があります。

GPTにはいくつかの導入方法があります。ただし、Facebookでは、メインタグをページの<head>要素に追加し、個々のタグを記事全体に追加するという、最も一般に推奨される実装方法をサポートしていません。JSタグ全体をそれぞれの広告iframeに追加するという統合方法のみがサポートされます。それ以外には制限事項はありません。Googleアナリティクスやその他のデータには、個別の<op-tracker>を使用できます。

はい。広告コードの複数のブロックを指定するには、記事<header><section>内にある各ブロックをop-ad-templateクラスで囲みます。各行広告テンプレートには個別のサイズを指定できます。ブロックは含めた順で記事全体に配置されます。広告の自動配置について詳しくは、開発者ドキュメントの「インスタント記事を使った収益化」セクションの「広告の配置」をご覧ください。

記事が350ワード未満の場合、自動配置では広告が記事の最下部に配置されることになります。利用者に最適なサービスを提供できるよう、自動配置については引き続き再定義を行っていますので、この機能は将来的に変更される場合があります。

記事ごとにスクロール深度が提供されます。

さらに、広告の閲覧頻度に特化したモニタリングも可能です。現在、iOS広告のレンダリング方法はAndroidと異なります。iOS広告では、[配信済み(フィル)]と[インプレッション]の差異を調べることで閲覧頻度を確認できます。広告は記事の読み込み時に配信され、インプレッションは縦方向のピクセルの1%と水平方向のピクセルが100%ビューポートに表示されたときに記録されます。

現在のところはありません。ただし、Facebookはポリシーに違反するテクノロジーを削除するよう要求する権利を有しています。