価格設定を使用して、インプレッション数に対して承認する価格を制御する

Audience Networkは、Facebookの強力な広告プラットフォームを利用してアプリから収益を得るのに役立ちます。この広告プラットフォームには、Facebookが利用している、利用者のデータに基づいたターゲット設定、効果測定、リアルタイム最適化などの機能があります。ビジネス目標の達成にさらに役立てられるよう、インプレッション数に対して承認する価格を制御できるツールを用意しました。

現在、インスタント記事ではAudience Networkの価格設定ツールをご利用いただけません。

Audience Networkの価格設定

価格設定ツールでは、インプレッション数に対して承認しない低い価格を設定できます。設定の変更は、平均CPM、フィルレート、配置ごとの収益の全体に影響します。

  • すべての価格を承認: 1つの広告ソースを使用した場合、フィルレートが高く、平均CPMが低く、最も多くの全体収益を得られます。
  • 高しきい価格: メディエーション用で、フィルレートは下がり、平均CPMは上がります。
  • 低しきい価格: メディエーション用で、フィルレートと平均CPMが中程度になります。

すべての価格を承認(デフォルト設定)

全体の収益とフィルレートを最大化し、平均CPMを下げる場合は、[すべての価格を承認]を選択します。

この設定では、価格が$0.00を超える広告はすべて配信されます。広告リクエストがあったとき、その広告枠に入札した広告があれば、価格にかかわらず配信します。この設定は、Audience Networkが唯一の広告ソースである場合に最も多くの収益を得られます。

: 需要曲線が低くなる位置の広告リクエストに応えても、価値の高いターゲット層が落札CPMの低下に気づくわけではありません。むしろ、すべての価格が承認されるため、すべてのリクエストで得られる平均CPMが低くなります。

この設定でのベストプラクティス:

  • Audience Networkが唯一の広告ソースである場合は、この設定を使用して収益を最大化する
  • ネイティブ配置のデフォルト設定をそのまま使用する

高しきい価格

平均CPMを上げて、フィルレートを下げる場合は、[高しきい価格]を設定します。広告ソースが複数ある場合のみ、この設定をおすすめします。

その配置のパフォーマンスを基準として、価格の低い広告は配信されません。結果として平均CPMは上がり、フィルレートは下がります。広告の配信対象となる人数が減るぶん、ユーザー層、対象地域、インプレッション数が同じでも、収益が減少する可能性もあります。

「低しきい価格」を設定した場合に比べて埋まらない広告枠が増えるため、CPMが高くなり、フィルレートは低くなります。

この設定は、バックフィルの用意(メディエーション製品を利用しているなど)があり複数の広告ソースを利用できる場合にのみ使用してください。Audience Networkが唯一の広告ソースの場合は、[すべての価格を承認]を使用してください。

上級者向けヒント: Audience Networkをウォーターフォールの上部に移動し、なおかつ高しきい価格を設定したパブリッシャーでは、CPMと収益が予想よりも増加しました。Facebookでは、このモデルをバナーやインタースティシャルのフォーマットに使用することを強くおすすめします。

この設定でのベストプラクティス:

  • 広告ソースが複数ある配置でのみ使用する
  • 高しきい価格に設定したAudience Networkをウォーターフォールの最上部に配置し、最も価値の高い利用者にターゲットを設定する
  • バナーとインタースティシャルのフォーマットを使用する
  • ネイティブの配置には推奨されない

低しきい価格

中程度の平均CPMとフィルレートにするには、[低しきい価格]を設定します。この設定は、複数の広告ソースがある配置にのみ使用することをおすすめします。

その配置のパフォーマンスを基準として価格の低い広告が配信されないのは「高しきい価格」と同様です。ただし、「高しきい価格」を設定した場合に比べて埋まる広告枠は多くなるため、平均CPMとフィルレートは他の2設定の中間の値となります。

この設定は、バックフィルの用意(メディエーション製品を利用しているなど)があり複数の広告ソースを利用できる場合にのみ使用してください。Audience Networkが唯一の広告ソースの場合は、[すべての価格を承認]を使用してください。

CPMとフィルレートの推定値

CPMとフィルレートの予測値は現在のところ米国のトラフィックに基づいていますが、設定を変更するとグローバルなリクエストに影響があります。

十分なトラフィックがある配置については、最適化設定のいずれかにマウスを合わせると、CPUとフィルレートの推定値が表示されます。値は過去の配置パフォーマンスに基づいており、配置の設定を変更した場合に予測される結果を示しています。

価格設定ツールを使うこと自体が収益に影響を及ぼしますが、パフォーマンスが推定値から逸脱する原因になる次のようなアクションがあることも覚えておきましょう。

  • 収益化ウォーターフォールにおけるAudience Networkの調整
  • 利用者に表示される広告の頻度/ボリュームの変更
  • 広告ユニットの変更(例: ネイティブ広告のクリック可能な位置の調整)
  • トラフィックの地域や利用者の組み合わせの変更(例: 広告リクエストを米国からイタリアに移動する)