アプリ開発

本ドキュメントでは、Facebookの製品、API、SDKを正常に使用できるアプリを登録、構成、開発する方法について説明します。

一般的な開発サイクルには、以下のような工程が含まれます。

  1. アプリの登録
  2. シナリオの選択と製品の追加
  3. 役割の追加
  4. 開発モードでのテスト
  5. アプリレビューの申請
  6. ライブモードへの切り替え

新しいアクセス許可、機能、製品を追加したり、新しいバージョンのSDKまたはAPIにアップグレードしたりする場合には、開発モードでのテストアプリレビューの手順を繰り返します。

登録

アプリでFacebookの製品やAPIを利用するには、まずご使用のFacebookアカウントを開発者アカウントに切り替え、アプリダッシュボードでアプリを登録する必要があります。この操作はdevelopers.facebook.comで行えます。登録によって登録者の身元を確認できるアプリIDが作成され、登録者のアプリを他のアプリから見分けることができるようになります。また登録すると、特定の製品を設定したり機密のAPIへのアクセスをリクエストしたりする場合に必要となる追加の情報を提供していただくことができるようになります。

登録が完了したら、左側の設定リンクをクリックし、アプリに関する他の情報を指定してください。ほとんどのフィールドは名前を見れば理解できますが、そのうちいくつかのフィールドについての追加情報を以下に紹介します。

アプリID

登録時に、アプリのユニークアプリIDが生成されます。このIDは、FacebookのAPIに呼び出しを行うときには必ず指定するので、頻繁に使用することになります。FacebookのすべてのSDKには、すべてのAPI呼び出しに自動的にこのIDが含まれるように設定する簡単な方法が用意されています。

プラットフォーム

ユーザーがアプリにアクセスする方法、たとえば、モバイル機器またはウェブサイトのどちらを使用するかなどを指定します。Facebookはこの情報を使用することにより、後ほどプラットフォーム固有の製品や機能を表示できます。

プライバシーポリシーと利用規約

これらは、アプリの利用者に適用されるプライバシーポリシーと利用規約のURLです。アプリの利用者が、自分のプライバシーをアプリ開発者がどのように保護するつもりなのか、およびそのアプリを使用するためにどのような規約に同意する必要があるかを把握するには、プライバシーポリシーと利用規約を確認します。それらのURLをここに入力します。アプリレビューを必要とする製品、ログインアクセス許可、機能のいずれかを使用している場合、FacebookはこれらのURLのコンテンツをレビューすることになります。

シナリオと製品

アプリを登録したら、1つ以上のシナリオを選択できます。シナリオを選択すると、関連する製品がシナリオに追加されます。シナリオを確認すると、追加された製品が左側に、製品に関するドキュメントが右側に表示されます。

シナリオのセクションをスキップして、その他の製品を追加することもできます。

役割

アプリを登録したら、開発をサポートする、開発者アカウントを持つユーザーに役割を割り当てることができます。役割によって、アプリとその設定に対するアクセス権をコントロールできます。開発者アカウントを持つユーザーに役割を割り当てると、そのユーザーは招待を受け取り、承認するかどうかを選択できます。役割を構成するには、左ナビゲーションの[役割]を選択します。各役割の詳細については、アプリのセキュリティをご覧ください。

能力管理者開発者テスターAnalyticsユーザー

アプリ設定の変更

app secretのリセット

アプリの削除

アプリ役割の変更

ログインアクセス許可、機能、製品のテスト

テストアプリ、ユーザー、ページの作成

アプリインサイトの表示

開発モード

アプリは、初回登録時には開発モードに設定されます。開発モードでは、アプリに関して役割を保持するユーザーのみに、アプリへのアクセスが制限されます。開発とテストはすべて、アプリが開発モードになっているうちに行う必要があります。

開発モードでは、アプリは次のようになります。

  • すべてのアクセス許可、機能、製品を使用できる
  • アプリをインストールしたり使用したりできるのは、そのアプリに関する役割を保持するユーザーのみです。
  • アプリへのアクセス許可を付与できるのは、そのアプリに関する役割を保持するユーザーのみです。
  • アプリがアクセスできるのは、アプリに関する役割を保持するユーザーのユーザー、ページ、グループデータと、テストユーザーおよびテストページのデータのみです。
  • アプリはアプリセンターには表示されません

開発モードで生成されたデータは、アプリに関する役割を保持するユーザーにのみ表示されます。ただし、アプリをライブモードに切り替えると、アプリを使用できるすべてのユーザーにデータが表示されるようになります。

開発モードのアプリはログインアクセス許可、機能、製品すべてに対するアクセス権があるため、アプリが開発モードにある間にアプリレビュー用のスクリーンキャストを収集する必要があります。テストアプリは常に開発モードなので、アプリがライブモードにあり、新機能のスクリーンキャストを収集する必要がある場合に、開発モードに戻す必要はありません。代わりに、ライブアプリからテストアプリを作成し、テストアプリを使用してスクリーンキャストを収集し、そのテストアプリのIDを申請の詳細に含めます。

アプリレビュー

アプリをライブモードに切り替えるには、その前にアプリレビューを受ける必要があります。このプロセスによって身元が確認され、アプリがアクセスするデータの使用法が検証されます。

ライブモード

アプリをテストした後、必要に応じてアプリレビューが完了したら、ライブモードに切り替えることができます。アプリをライブモードに切り替えても、Facebook.comや他の検索エンジンで自動的に検索可能になるわけではありません。アプリを検索可能にするには、自分でマーケットにリリースするか、アプリセンターにアプリを手動で追加することが必要です。

ライブモードでは、アプリは次のようになります。

  • アプリに対するアクセス権を持つすべてのユーザーが、そのアプリをインストールして使用できます
  • アプリをインストールして、必要なアクセス許可を付与したすべてのユーザーのデータにアクセスできます
  • アプリにログインアクセス許可を付与することや、アプリが承認されていない機能または製品にアクセスすることはできません

承認されていないログインアクセス許可をライブアプリに付与することはできないため、アプリをライブモードにすると、新機能をテストしたりスクリーンキャストを収集したりすることはできなくなります。アプリを開発モードに戻すこともできますが、それよりも、ライブアプリからテストアプリを作成し、テストアプリを使用してテストとスクリーンキャストの収集を行うことをおすすめします。