アプリレビュー

アプリをライブモードに切り替える前に、Facebookでは、自社の製品およびデータが承認された方法で使用されていることを確認する必要があります。そのため、多くのアプリに対してアプリレビューを受けることを求めています。

通常、このプロセスでは、アプリが利用者に提供を求めるデータのタイプを明らかにし、そのデータがどのように使用されるかを説明していただきます。申請に基づいて、Facebookは追跡調査を行い、追加のステップの実施を求める場合があります。

実施していただく可能性のあるステップは、次のとおりです。

これらのステップのうちいくつかを実施していただくことになります。実際に実施していただくステップの組み合わせは、実装する製品や機能、アクセスするデータのタイプ、そのデータの使用方法によって変わります。

アプリレビューの対象となるアプリ

アプリレビューが必要かどうかを判断する最も簡単な方法は、実装している各製品の製品ドキュメントを参照することです。各ドキュメントには、要件や、完了する必要があるアプリレビュー手順を示したアプリレビューセクションが含まれています。また、アプリレビューに含まれない特別な要件も記載されています。

申請時期

レビュープロセスはいつでも開始でき、レビュー前は申請を編集できますが、開発モードでアプリを十分にテストし、リリースの準備ができてから申請を開始することを推奨します。アプリですでにアプリレビューを受け、特定の製品に関する承認を得ている場合でも、製品の設定変更や新しい製品、アクセス許可、または機能の追加を行った場合は、再度レビュープロセスの実施が求められることがあります。

アプリがライブモードになっているときに新しいアクセス許可、機能、または製品を追加したい場合は、「ライブアプリのアプリレビュー」のガイドラインに従って申請を行ってください。

申請方法

一般的なアプリレビューを開始するには、アプリのアプリダッシュボードにサインインして、左側のナビゲーションメニューにある[アプリレビュー]リンクをクリックします。

リンクをクリックすると、プロセスを開始するためのインターフェイスが表示されます。一部の製品では製品レビューを受ける必要があります。ダッシュボードにある各製品のタブから製品レビューにアクセスして申請できます。一般的なアプリレビューと製品固有のレビューの両方を同時に申請できます。

レビュー期間

通常、申請の処理にかかる期間は1週間未満で、ほとんどの場合は2~3日で完了しますが、ピーク時にはこれより長くなることがあります。直近にレビュープロセスが変更されたり、大量の申請があったりすると、申請されたアプリのレビュープロセスが完了するまでに数週間かかることがあります。

その他の認証

アプリのレビューを申請した後、ビジネスまたは個人としてのIDの認証が必要になることがあります。そのために、Facebookからアプリダッシュボードの受信箱に開発者アラートが送信されます。このアラートに、認証プロセスを開始するリンクが含まれています。

アプリレビュー

アプリレビューは、多くのアプリが公開前に受ける必要がある一般的なレビュープロセスです。アプリのアプリダッシュボードにある[アプリレビュー]セクションからプロセスを開始します。ログインアクセス許可および機能のリストから選択し、そのデータの使用方法を説明する(可能であれば披露する)よう求めるメッセージが表示されます。

承認済みアイテム

新たにアプリレビューの申請を開始すると、最初に承認済みのアクセス許可と機能が表示されます。新しく承認されたアクセス許可と機能はここに表示されます。

また、defaultemailのアクセス許可はすべてのアプリで事前に承認されているため、常にここに表示されます。ログインアクセス許可のうちアプリレビューが必要ないのは、この2つのみです。アプリレビュー申請インターフェイスに表示されるその他すべてのログインアクセス許可については、アプリレビューが必要です。

製品レビューでリクエストできる製品固有のアクセス許可は、ここには表示されません。

ログインアクセス許可

ログインアクセス許可は、利用者がアプリに対して特定のタイプのデータへのアクセスを許可するためのものです。そのため、アプリが必要とするデータタイプに対応するアクセス許可のみを選択する必要があります。たとえば、利用者がアプリを使ってタイムラインにアップロードした写真を表示できるようにする場合、user_photosアクセス許可を含めて申請を行います。

インターフェイスに表示されるすべてのログインアクセス許可がレビューの対象となります。アクセスが許可されたデータの使用方法を説明した詳細とスクリーンキャストを提供する必要があります。

機能

機能はすべて、レビューの対象となります。機能とは、特定の機能、製品、またはAPIのことです。機能を選択すると、申請に含める必要があると考えられるログインアクセス許可がリスト表示されます。また、アプリレビューの詳しい手順について、各製品のドキュメントをご確認いただくことを推奨します。

詳細

承認申請を行う前に、それぞれのアクセス許可または機能によって提供されるデータの使用方法を説明するよう求められます。アクセス許可や機能をテストするためのテストユーザーを設定する場合は、そのユーザーのログイン情報を申請に含めることをおすすめします。

一部のアクセス許可および機能では、アプリによるデータの使用方法(または、UIのないアプリでは、最終的にデータがどう使用されるか)を示すスクリーンキャストが求められます。データの使用方法を示す最も簡単な方法は、アプリを開発モードに設定して、自分のユーザーアカウント、またはアプリの管理者または開発者の役割を持つユーザーアカウントでデータを取り出すことです。

アプリにユーザーインターフェイスがなく、FacebookのAPIと直接やり取りする場合は、詳細情報を提供する際のガイドラインとして「サーバー/サーバー間アプリ」ドキュメントを参照してください。

オンボーディング規約

アプリのレビューを申請する場合、基本的な利用規定を定義するオンボーディング規約への同意を求められます。

製品レビュー

MessengerInstagramなどの一部の製品には、専用のレビュー手順があります。これらの製品を追加すると、アプリのダッシュボードに、これらの製品専用のアクセス許可と手順を示したアプリレビューセクションを含む製品タブが表示されます。

製品レビューは一般アプリレビューからは独立したものなので、製品レビューを申請するには、それぞれの製品タブから申請を始める必要があります。

ビジネス認証

ビジネス認証は、ビジネスのIDを確認するためのプロセスです。ビジネス開発者が、下記に示されているいずれかの製品の機能に対するフルアクセス権をリクエストすると、Facebookからビジネス認証を完了するよう求める開発者アラートが送信されます。

非ビジネス開発者で、製品機能の限定セットへのアクセスをリクエストしている場合は、個人認証を完了するという方法をとることもできます。

ビジネス認証のため、アプリをFacebookビジネスマネージャアカウントに結び付け、企業または組織の名称と住所が明記されている公式書類をPDF、JPG、JPEG、またはPNG形式でアップロードしていただきます。条件を満たす書類やサポートされている言語のリストについては、ビジネスマネージャのヘルプドキュメントをご覧ください。

ビジネス認証は開発者アカウントに適用されるため、自分のすべてのアプリに影響が及びます。ビジネス認証を必須とするレビューにアプリを申請すると、すべての既存のアプリと新しいアプリにビジネス認証が必須というフラグが付き、ビジネス認証の現在の状況が継承されます。このため、すでにアクセス許可が承認されている古いアプリにも影響が及び、ビジネス認証が必須になります。もしビジネス認証が承認されなかった場合、承認時にビジネス認証が必要なかった承認済みのアプリは、ビジネス認証が受理されるまでの間、取得済みのアクセス許可を利用できなくなります。

個人認証

アプリをレビューに申請し、ビジネス認証を完了するよう求められても、ビジネスの所有者または運営者ではない場合は、個人認証を完了するという方法をとることもできます。個人認証を完了することにより、以下の製品への完全なアクセスまたは制限付きアクセスが可能になります。

完全なアクセス

制限付きアクセス

個人認証を申請すると、申請が拒否された場合でもこれらの制限は直ちに有効になることにご注意ください。

認証手順

個人認証を利用できる場合、次のことが求められます。

  • 契約の受信、レビュー、申請が可能なメールアドレスを提供する
  • これらの要件を満たすIDまたはドキュメントの画像のコピーをアップロードする
  • Facebookの補足規約に同意する

補足規約

補足の条件に同意していただく必要がある場合は、ビジネスを代表する署名者のメールアドレスをご提供いただきます。Facebookより署名者宛てに、拡張プラットフォーム製品に関する補足規約を表示するサイトへのリンクをメールで送信します。署名者は、このサイトで規約に同意することができます。同意後、Facebookから同意書のコピーが署名者にメールで送信されます。

技術提供者修正条項

FacebookのAPIやデータを使用して他のビジネスにサービスを提供するビジネスの場合、ビジネス認証時に技術提供者を代表する署名者のメールアドレスをご提供いただきます。Facebookより署名者宛てに、技術提供者修正条項へのリンクをメールで送信します。この修正条項には、データの使用に関するポリシーを強化する条項が含まれます。署名者はこの修正条項に署名する必要があります(Adobe Signを使用して署名できます)。

エンドビジネス認証

FacebookのAPIやデータを使用して他のビジネスにサービスを提供する場合は、その顧客情報をFacebookに共有していただく必要があります。これを行うためのソリューションについては、近日お知らせいたします。顧客がアプリを使用して大規模なユーザーデータにアクセスする場合、Facebookは顧客に対して、追加の要件を課す場合もあります。

申請のヒント

ガイドライン

承認を得るためのヒントとよくある却下事例については、「申請ガイドライン」をご覧ください。

レビュー申請例

レビュー可能なアクセス許可へのアクセスをリクエストするアプリのアプリレビューの申請例を確認するには、「Facebookログインに関する製品ドキュメント」をご覧ください。

ライブアプリのアプリレビュー

アプリが開発モードになっているときは、すべてのログイン許可、機能、製品固有の機能に関して、アプリが自動的に承認されます。これにより、新しい機能をテストし、スクリーンキャストを作成して最終的なアプリレビューの申請に含めることができます。

しかし、アプリをライブモードに切り替えた後は、アプリに承認されたアクセス許可と機能しか使用できません。このため、未承認のアクセス許可や機能をテストしたり、その使用方法を示すスクリーンキャストを作成したりすることはできません。

アプリを開発モードに戻してこの問題を解決することもできますが、それよりも、テストアプリを作成し、それを使って新しいアクセス許可や機能のテストとスクリーンキャストのキャプチャを行うことをおすすめします。ライブアプリのレビューを再申請するときに、アクセス許可または機能の使用方法の情報にテストアプリのIDを含めてください。