Facebookにログインする

開発者アカウントを作成する前に、Facebookアカウントにログインします。

Facebookにログインする

開発者アカウントを作成する

Facebookの開発者アカウントをお持ちでない場合は、新たに作成してください。

開発者アカウントを作成する

新しいFacebookアプリを作成する

Facebookアプリを作成すると、アプリIDが作成されます。これは、実際のアプリを表すほか、アプリの情報と設定の保存先になるオブジェクトです。アプリを表すFacebookアプリIDが作成されます。

Facebook for Developersサイト上部のナビゲーションバーで[新しいアプリを追加]を選択するか、下のボタンを使用します。

新しいFacebookアプリを作成する

アプリの詳細を設定する

アプリを作成すると、アプリダッシュボードに移動します。表示するアプリを選択します。アプリダッシュボードの左側のナビゲーションパネルで、[設定] > [ベーシック]をクリックしてアプリの詳細パネルを開きます。ここには、アプリIDapp secret、アプリに関するその他の情報が表示されます。名前、メールアドレス、アプリに関するその他の情報をアップデートまたは変更します。

  • アプリID - アプリに付与される一意のID。FacebookのAPIやSDKを利用する際に使用します。
  • app secret - アプリに関連付けられた一意のapp secret。アプリからFacebookサーバーへのリクエストを認証する際に使用されます。app secretはパスワードと同様に扱ってください。
  • アプリ名 - 指定済みの名前。必要に応じて変更できます。
  • 連絡先メールアドレス - アプリの連絡先メールアドレス。
  • アプリドメイン - アプリのGoogle PlayまたはApple App StoreのURLを入力します。
  • プライバシーポリシーのURL - プライバシーポリシーのURLを入力する必要があります。アプリを公開する場合は、入力が必要です。
  • サービス規約のURL - サービス規約のURLを入力する必要があります。
  • アプリアイコン - アプリの識別に使用されるアートワークまたは画像。
  • カテゴリ - アプリのカテゴリタイプを選択します。

情報を追加したり、情報に変更を加えた場合は、必ず下にスクロールして[変更を保存]ボタンをクリックしてください。


プラットフォームを選択する

アプリ詳細パネルの下には、[プラットフォームを追加]ボタンがあります。このボタンをクリックして、追加するプラットフォームを選択します。アプリを複数のプラットフォームで使用する場合は、それぞれのプラットフォームをFacebookアプリに追加できます。各プラットフォームタイプの情報を入力します。


詳細設定を設定する

[設定] > [詳細設定]では、次の操作を実行できます。

  • APIバージョンのアップグレード - アプリがFacebookソーシャルグラフを呼び出す際に使用するAPIバージョンを変更します。
  • アプリの制限 - 年齢、国、アルコールに関する制限、アプリのソーシャルチャンネルを設定します。
  • セキュリティ - クライアントトークンの表示とリセット、サーバーIPホワイトリストやその他のセキュリティ要件の設定などを行います。
  • ドメインマネージャ - Facebookでプリフェッチするドメインまたはドメインプリフィックスを追加します。
  • アプリのページ - アプリのFacebookページを作成します。
  • ビジネスマネージャ - アプリを管理するビジネスにアプリを関連付けます。これは、宣伝するアプリを所有する企業を表します。
  • 広告アカウント - アプリ広告の掲載と支払いに使用する、承認済み広告アカウントのIDを1つ以上入力します。複数のビジネスで同じアプリのアプリ広告を掲載する場合は、それらのビジネスのビジネスマネージャIDも入力します。例えば、ビジネスで子会社の広告を掲載したり、エージェンシーが顧客の広告を掲載したりする場合は、[許可されたビジネス]にビジネスマネージャIDを入力します。
  • マイグレーション - APIの変更内容をロールアウトするには、マイグレーションをオンにします。
  • シェアリダイレクトのホワイトリスト - URLへのクロスドメインのシェアリダイレクトを許可します。
  • アプリを削除する - アプリとそのデータを完全に削除します。

アプリの広告を掲載する場合は、詳細アプリ設定にビジネスマネージャと広告アカウントに関する情報を入力する必要があります。


開発者の役割を割り当てる

開発者の役割を使用すると、アプリの詳細や分析の表示、アプリの詳細の編集、アプリのテストといった操作を実行できる人を管理できます。

  • 管理者 - 管理者はアプリに対するすべてのアクセス許可を持ちます。
  • 開発者 - 開発者は、アプリのテスト、インサイトの表示、大部分のアプリ設定の変更などの操作を実行できます。役割の追加や削除、app secretのリセット、アプリの削除といった操作は実行できません。
  • テスター - テスターは開発モードのアプリ(公開されていないアプリ)のテストのみを実行できます。
  • Analyticsユーザー - Analyticsユーザーはアプリ用Analyticsにのみアクセスできます。アプリの設定にアクセスしたり、開発モードでアプリをテストすることはできません。


テストユーザーを作成する

アプリのFacebook統合をテストするには、テストユーザーを作成します。一度に4人のテストユーザーを作成でき、テストユーザーの年齢や使用言語を設定できます。


開発モードのステータスをアップデートする

新しいFacebookアプリはデフォルトで開発モードになります。このモードのアプリでは、アプリの開発者が所有するFacebookタイムラインへのアクションやオブジェクトが制限されます。アプリケーションの公開準備が整ったら、開発モードから公開モードに切り替えます。その後は、アプリが、アプリに関連付けられていないFacebookアカウントとやり取りできるようになります。

アプリダッシュボードの右上にある[アナリティクスを見る]ボタンの横の[ステータス]切り替えスイッチをクリックし、[オフ]から[オン]にします。これで、アプリが公開されます。


アプリの審査を申請する

アプリで高度なFBログインまたはMessengerでの許可を使用する場合や、アプリをアプリセンターのリストに掲載する場合は、アプリの審査を申請する必要があります。審査プロセスと、審査に通るための条件について詳しくは、ログインレビューガイドをご覧ください。